「ヤギ式」思考のススメ
・凄い!こんな考え方があるとは!(62歳・男)                    ・ヒュウ。(83歳・女)


自己紹介

ヤギ

Author:ヤギ

愛車の「バトルトーマス」です。

ヤギの履歴書



ヤギにメールする

こちらだわ。



トゥデイ 's ヤギ



コメント for ヤギ



トラバ for ヤギ



月のモノ by ヤギ



ヤギ 's カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ヤギ 's フレンド

このブログをリンクに追加する



RSSフィード





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヤギ式「子供のしつけ方」

20060104001500.jpg



私は、今から皆さんに「ヤギ式・子供のしつけ方」をお教えする成人男性です。




皆さんも昔は子供でした。
しかし私達は、今子供をしてる奴らに対して「子供だから…」と言って許してる事が良くあります。



しかし今の子供達も、いずれは間違いなく「オッサンやオバハン」になってしまいます。



では今から目を閉じて、大きく深呼吸してください。
そして自分は子供の頃、どんな人物だったか思い出してみてください。



……目を開けてください。
どうでしたか?今の自分って子供の頃の自分と本質的にあまり変わっていなかったのではないでしょうか?



つまり今の子供達も将来オッサンやオバハンになっても本質はあまり変わらないんですよ。だって普段の素行で「先が見えてる子供」っているでしょ?



「でも子供には可能性があるから…」と言う人がいます。
じゃあ我々大人には可能性はないんですか?可能性がないから変われないのですか?



逆です。自分を変えるには「分別がつき、自分を客観視できる」事が絶対条件です。つまりそれは「大人」なのです。



「今の自分はこうだから、こうなりたい…」
そう思い、気づき、実行に移すのに早いも遅いもありません。



いくら若い、子供だからと言ってただただ漠然に生きてても将来的に何ら変わりません。
そう言う観点では、分別のつかない子供達はある意味「先が見えている存在」なのですよ。




だから「子供だから…」と言ってなんでも許し、問題を先送りするのは子供達にとって決して良くないのです。



「大人と子供」ではなく「ジェントルとジェントル」のぶつかり合いなんですよ。
お互いジェントルさを競い合うのです。




……新年早々良い事を言ってしまいました。
この素晴らしい思考はいつも「ヤギ式思考のススメ」をご愛読頂いている読者の皆様に対する「お年玉」です。遠慮せずに貰ったら良いわ。



これはヤギ式思考の一つです。




(写真・子供)

スポンサーサイト

テーマ:ヤギ式思考 - ジャンル:お笑い


この記事に対するコメント

今更ながら
明けましてなんたら、、、w

いやー、、
いいお年玉でした。

涙が出そうです
街でもらったティッシュを三枚くらい使えそうです。
【2006/01/06 13:27】 URL | 蝙蝠 #-[ 編集]

珍しく
マジメなオチでしたね(失敬?)
お年玉、頂きました。
もう貰えない歳だもの、嬉しいわ。
【2006/01/06 15:01】 URL | バンビ #-[ 編集]


★蝙蝠さん、書き込みご苦労さまです。

新年早々「初泣き」おめでとうございます。
そして新年早々「初ティッシュ」おめでとうございます。


★バンビさん、書き込みご苦労さまです。

本来、私はマジメな男なんですよ。
むしろバカを書くのは苦痛で仕方がないのです。
つまり、私は皆さんに常々、身をすり減らして「バカ」と言うお年玉を差し上げている、素晴らしい男である事を知っておいて。

【2006/01/08 20:09】 URL | ヤギ #3/VKSDZ2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ikariya.blog25.fc2.com/tb.php/57-d5d15140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。