「ヤギ式」思考のススメ
・凄い!こんな考え方があるとは!(62歳・男)                    ・ヒュウ。(83歳・女)


自己紹介

ヤギ

Author:ヤギ

愛車の「バトルトーマス」です。

ヤギの履歴書



ヤギにメールする

こちらだわ。



トゥデイ 's ヤギ



コメント for ヤギ



トラバ for ヤギ



月のモノ by ヤギ



ヤギ 's カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ヤギ 's フレンド

このブログをリンクに追加する



RSSフィード





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャッツアイが実在する?!

20051124075759.jpg



夜中にだいたい数人でウォーキングをしているオバハン達…。




私は「ウォーキングのオバハンは全員キャッツアイ」説を唱える成人男性です。





皆さん、マンガ「キャッツアイ」をご存知でしょうか?


昼は喫茶店を営み、夜は怪盗になる三人姉妹のお話。



しかしあれは言うまでもなく「フィクション」ですね。



大体、心のどこかで「捕まりたい」と思っていない限り、あんな派手なレオタードでわざわざ盗みをするはずがありません。



言うまでもありませんが、ホンモノの怪盗は人目に触れない格好をしているのが常識です。



そう考えると、実在するキャッツアイが「夜中ウォーキングをしているオバハン」である事が一番現実的で利にかなっていると私は考えたのです。




だってそうでしょ?
皆さんが今までにウォーキングをするオバハンを見て「怪しい…」と一度でも思った事がありますか?



絶対ないでしょ?




そうです。
つまり皆さんはまんまと「実在するキャッツアイ」にハメられている訳です。



これは私の持論ですが、
「怪しい奴ほど本当は怪しくない。一見怪しくない奴が本当は怪しい。」



ちなみに「キャッツアイ」の作者の「北条司さん」は実在するキャッツアイと「グル」らしく、マンガによって嘘のキャッツアイのイメージを人々に植え付け(キャッツアイ=綺麗な女性でレオタード)実在のキャッツアイ(=オバハンでジャージ)に手を貸したと言われています。




皆さん、今度ウォーキングのオバハン連中を見つけた際は、一度後をつけてみてください。



こう言うと「私の母がウォーキングしてるが、まっすぐ家に帰ってくるよ!」と反論する方もいらっしゃるでしょう。



お答えします。


あなたのお母さんは、キャッツアイには間違いありません。



しかし、家にまっすぐ帰ってくると言う事は「家」つまり「家族」が最大の宝だと考えるキャッツアイだからですよ。





これはヤギ式思考の一つです。





(写真・街はきらめくパッションフルーツ達)



スポンサーサイト

テーマ:ヤギ式思考 - ジャンル:お笑い


この記事に対するコメント

ヤギさん、あなたこそ大怪盗です。
なぜって…
私の心を盗んでいったから…
【2005/09/25 13:32】 URL | あ き #h2YGRmSs[ 編集]


そっか!
緑色にひかーーる♪っていうのは、オバサンたちがつけている夜光帯のことだったんですね。。。
【2005/09/25 21:41】 URL | やすこ #-[ 編集]


夜中に歩いてる年寄りもくさいと感じています。
もちろん光るたすきなんかをつけている
おじい・おばあ
おかしいじゃないか
そんな時間はもうおねむの時間のはずなのに・・・
【2005/09/26 13:08】 URL | ヨモヤマ #-[ 編集]



★あ きさん、書き込みご苦労さまです。

 そうです。私は実在するキャッツアイです。
 オシャレな格好であ きさんを口説かず、むしろダンロップの靴
 を履いてあ きさんを口説く。意外性。これがコツですね(笑)
【2005/09/26 22:54】 URL | ヤギ #E74oYwps[ 編集]



★やすこさん、書き込みご苦労さまです。

 そうです!なかなかやりますやすこさん(笑)
 目の付けどころが素晴ら しい。
【2005/09/26 22:57】 URL | ヤギ #E74oYwps[ 編集]



★ヨモヤマさん、書き込みご苦労さまです。

 おねむの時間。違います。彼らは起床後です。
 彼らの早起きは尋常じゃありません。
 漁師さん真っ青です(笑)
【2005/09/26 23:00】 URL | ヤギ #E74oYwps[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ikariya.blog25.fc2.com/tb.php/12-e0a0ca67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。